“チベット”の漢字の書き方と例文
ひらがな:ちべっと
語句割合
西蔵100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで僕は二年の間は西蔵チベットに旅行し、拉薩ラッサに遊んで、剌麻教らまきょうの宗長とたのしい数日も暮した。
西蔵チベット世界せかい屋根やねといはれてゐるほどで、くに全体ぜんたいたか山々やまやまつらなりだ。
火を喰つた鴉 (新字旧仮名) / 逸見猶吉(著)