“サフラン”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:さふらん
語句割合
蕃紅花33.3%
洎芙藍33.3%
番紅花33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
遥か橄欖かんらんと糸杉の森の彼方では、侍女のオルフィスやピエラたちが、蕃紅花サフランの花を摘んでは銀皿に盛って、この紫のインキをしぼっていてくれるのです。
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
蕃紅花サフランの花を搾って、インキを作り、鵞ペンを削って、ロゼリイス姫が、これを手伝っていられました。
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
穹窿アーチ形の入り口の中に菫と蕃紅花サフランの油湯が用意してあったそれを、エレオテジウムと呼んでいた。
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
くすり香もつめたくしむは病室の窓にさきたる洎芙藍サフランの花
芥川竜之介歌集 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
番紅花サフランくれなゐなるをとがむるなかれ。
三つのなぜ (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)