“らいらいらくらく”の漢字の書き方と例文
語句割合
磊々落々100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もしそれ曙覧の人品性行に至りては磊々落々らいらいらくらく世間の名利に拘束せられず、正を守り義を取り俯仰ふぎょう天地にじざる、けだし絶無僅有きんゆうの人なり。
曙覧の歌 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
けだし支那流にいう磊落とはいかなる意味か、その吟味はしばらくさしおき、今日の処にては、磊落と不品行と、字を異にして義を同じうし、磊々落々らいらいらくらくは政治家の徳義なりとて、長老その例を示して少壮これになら
日本男子論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)