“やまこ”の漢字の書き方と例文
語句割合
山蚕100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ならくぬぎの若葉が、風に裏がへるころになれば、そこに山蚕やまこが生れて、道の上に黒く小さいふんを沢山おとすのであつた。
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
山かげのなら木原きはら下枝しづえにも山蚕やまこが居りて鳥知らざらむ
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)