“まちなみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
町並91.7%
街並8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寝しずまった町並まちなみを、張りのある男声の合唱が鳴りひびくと、無頓着むとんじゃくな無恥な高笑いがそれに続いた。
クララの出家 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
……町並まちなみ、また漁村ぎよそん屋根やねを、隨處ずゐしよつゝんだ波状はじやう樹立こだちのたゝずまひ。
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
しかしヘッド・ライトに照らされて街並まちなみがやっと見えます。
崩れる鬼影 (新字新仮名) / 海野十三(著)