“まえまち”の漢字の書き方と例文
語句割合
前町100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
前町まえまち大商人おおあきんど控屋ひかえやで、およそ十人ぐらいは一側ひとかわに並んで通ることの出来る、広い土間が、おも屋まで突抜つきぬけていると言うのですが
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それは有難い事で、ような事でもいたしますが、拙者は屋敷育ちでとん知己しるべもござらず、前町まえまちに出入町人はございますが、前町の町人どものかたへも参られず
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)