“へきすい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
僻陲33.3%
碧水33.3%
避水33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
陪臣の身をもって、北条義時は朝廷を攻め、後鳥羽、土御門、順徳三上皇を僻陲へきすいの島々に遠流し奉ったのであった。
長江千里の上流、揚子江の水も三峡のけんにせばめられて、天遠く、碧水へきすいいよいよ急に、風光明媚な地底の舟行を数日続けてゆくと、豁然かつぜん、目のまえに一大高原地帯がひらける。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
修錬の極致に至りますると、隠身避水へきすい火遁かとんの術などはいうまでもございませぬ、如意自在な法を施すことが出来るのだと申すことで。
湯女の魂 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)