“ひもろぎ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
神境50.0%
神籬50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
澄みわたる神境ひもろぎや、
新頌 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
澄みわたる神境ひもろぎや、
新頌 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
それを文吾は子供らしくもない好奇心から、神の罰で腰が拔けたら、明朝あすの出立も糠喜びになるのを忘れて、ついフラ/\と、神籬ひもろぎの中へ忍び込んだのである。
石川五右衛門の生立 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
今度も、先達に講元を兼ねてゐるので、大きな藁家の傍に一坪ばかりの土地を淨めて、神籬ひもろぎを立て、八足やつあしの机を置き新菰あらごもを敷いて、大神宮樣が祀つてある。
石川五右衛門の生立 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)