“ねいろ”の漢字の書き方と例文
カタカナ:ネイロ
語句割合
音色100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そしてもう階下では、ヴァイオリンの調子を合わせたり、クラリネットで甘ったるい音色の音階の練習をやったりしているのが聞こえた。
わたしはこの水の底深くひそんでいて毎日笛をふいておる。だが、わたしのふきならす笛の音色はあなた方、土の上の者には聞こえはせぬ。
おしどり (新字新仮名) / 新美南吉(著)
無論、などの乾いた音色ではゆめさら無く、郭公、筒鳥の寂びた聲に較べては更に數段の強みがあり、つやがある。
梅雨紀行 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)