“トーンカラー”の漢字の書き方と例文
語句割合
音色100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どうしても想像することの出来ない妖艶極まる音色が、エルマンやクライスラーをレコードで聴き馴れた我々にとっては、全く一つの驚きにほかならなかったのである。
そこの会場の空気とは、調和しそうもない風采をして居りますが、話術の方は思いの精練されたもので、浪花節にならない程度の、劇的な抑揚もあり、第一声の音色が美しく
その演奏は悪口言えば教壇風のものだが、テンポも表情記号も原曲のままで、美しい音色と、整然たるスタイルで、ゴシック建築のようなすばらしい古典美を盛り上げて行くのだ。