“つきげ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
月毛85.7%
鴇毛14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
若者の心の中には、両方に刃のついたつるぎやら、水晶をけずった勾玉やら、たくましい月毛つきげの馬やらが、はっきりと浮び上って来た。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
その月毛つきげつてゐたをんなも、こいつがあのをとこころしたとなれば、何處どこへどうしたかわかりません。
藪の中 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
尤も、馬は二人とも、前のは月毛つきげ、後のは蘆毛あしげの三歳駒で、道をゆく物売りや侍も、振向いて見る程の駿足である。
芋粥 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
とたがいにいましめあって、ふたたび道をいそぎだすと、あなたの草むらから、月毛つきげ野馬のうまにのったさげがみの美少女が、ゆらりと気高けだかいすがたをあらわした。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
まッ先におどりこんできたのは、高尾の神馬しんめ月毛つきげくらにまたがった加賀見忍剣かがみにんけん、例の禅杖ぜんじょうをふりかぶって真一文字まいちもんじに、
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
なつかきほの卯花うのはな鴇毛つきげ
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)