“つかみころ”の漢字の書き方と例文
語句割合
掴殺100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つまり自分を傷つけた敵が外にゐると思つて、そいつを掴殺つかみころしてやらうと怒りたけつてゐるのでした。
熊捕り競争 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
卑劣と言れやうが、きたないと言れやうが、思ふさま遺趣返をした奴等は目的を達してさぞ満足してをるでせう。それを掴殺つかみころしても遣りたいほどくやしいのは此方こつちばかり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)