“ついた”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
衝立75.0%
附立25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
衝立ついたての後から、その途端に、腰もしっかり定まらない一人のいどれが、扮装ふんそうしてひょろりと起って来た。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
森ふかし対ひ衝立ついた石獣せきじうの影多くして音無かりけり
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
どこも鼻のつかえるようなせせっこましさで少し小綺麗こぎれいうちはまた、前の植込みや鉢前燈籠はちまえどうろうのような附立ついたてが、どことなく厭味いやみに出来ているのが鼻についたものだが
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)