“ついた”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
衝立66.7%
附立33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
森ふかし対ひ衝立ついた石獣せきじうの影多くして音無かりけり
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「いいえ。叔父は西側の窓に近い卓子テーブルの前に坐って何かしら眼を閉じて考え込んでいるようでしたから、妾たちはその隣のへや衝立ついたての蔭に坐って様子を見ておりますと叔父も何かしら二皿か三皿あつらえて、妾たちの居りますへやのストーブのマントルピースの上をじっと凝視みつめておりました」
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
どこも鼻のつかえるようなせせっこましさで少し小綺麗こぎれいうちはまた、前の植込みや鉢前燈籠はちまえどうろうのような附立ついたてが、どことなく厭味いやみに出来ているのが鼻についたものだが
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)