“ぢよぢやうふ”の漢字の書き方と例文
語句割合
女丈夫100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御牧みまき基賢さんの云ふを聞くに、薫子は容貌が醜くかつたが、女丈夫ぢよぢやうふであつた。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
菖蒲あやめ女丈夫ぢよぢやうふの血にまつた凄い短刀。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)