“だいそうじ”の漢字の書き方と例文
語句割合
大宗寺100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ああ、古花甚平さん。あの人かア。——それから、今度は、大宗寺だいそうじの庭に墜ちたさしわたしが五十センチある隕石を後で掘りだしたそうだが、あれは今誰が持っているの」
地球盗難 (新字新仮名) / 海野十三(著)
うん、僕も極力注意を払っている。とにかくその荷物の内容がハッキリしなくて困っている。——それからもう一つは、大宗寺だいそうじの庭に落ちたけい五十センチの隕石いんせきのことだが、あれを掘りだして持っていったのが、この辻川博士だということまでは分った。
地球盗難 (新字新仮名) / 海野十三(著)