“たんぼう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
探望33.3%
探訪33.3%
貪冒33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もっとも遠い位置に立って探望したために、一島をも見ることができなかったのである。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
彼の役割は絶えず受話器を耳にして「世間」を聴く一種の探訪に過ぎなかった。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
伏して祈る奸佞のを断ち、貪冒の産を籍し、上は天怒を回し、下は輿情を快にせんことを。果して臣の言虚謬なれば、刀鋸鼎鑊、即ち臣が身に加えよ、云々
続黄梁 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)