“ぞうちょうまん”の漢字の書き方と例文
語句割合
増長慢100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勿論この得意な心もちは、煙管なり、それによって代表される百万石なりを、人に見せびらかすほど、増長慢ぞうちょうまんな性質のものではなかったかも知れない。
煙管 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
その恩に感じて南蛮キリシタン宗に帰依きえし、ハビアンと名を改め、カテキスタ(同宿)として天晴あっぱれ才学をうたはれたも束の間、一朝にして己れがインテリゲンシヤにおぼれ、増長慢ぞうちょうまんに鼻をふくらし、恩顧の宗門に弓を引いて『破デウス』の一書を著はす。その魂、すくいを求むれども神仏儒蛮いづれにも安心を得ず。
ハビアン説法 (新字旧仮名) / 神西清(著)