“じゅんち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
馴致96.2%
閏智3.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
痲痺してしまって平気になった。僕はそれに気がついて、人間の馴致性というのか、変通性というのか、自身のたより無さにれてしまった。
パンドラの匣 (新字新仮名) / 太宰治(著)
故に、彼を向けて、西平関を守らせ、機に臨み、変に応じて、胡夷の勢をよく馴致するときは、この一路の守りは、決して憂うるに足りません
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
捷智部においては「霊変」を説き、語智部においては「善言」を説き、兵智部においては「詭道」を説き、閏智部においては「雄略」を説き、雑智部においては「狡黠」を説いた。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)