“じとうしょく”の漢字の書き方と例文
語句割合
地頭職100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
当時、飛騨国地頭職は藤原姓を飛騨判官朝高という武将で、彼も蒙古退治の注進状に署名したる一人であった。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
飛騨判官朝高という人は、飛騨国地頭職を勤めたことが有るに記憶しています。左様、何でも鎌倉時代の中葉、北條時宗頃の人でしたろう。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)