“じったい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
実体50.0%
実態50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
怪金属の実体というべきものは、マネキン人形の頭部のてっぺんに乗っている。それをえるんだ!
金属人間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
ひとり小寺氏の領内ばかりでなく、諸国どこの領土を見ても、まずこんな実態にあったのが当時の一般的な世相だったといってもよい。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)