“じだけ”の漢字の書き方と例文
語句割合
地竹100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
六角牛山に鹿を撃ちに行き、オキを吹きたりしに、猿の経立あり、これをの鹿なりと思いしか、地竹を手にてけながら、大なる口をあけ嶺の方よりり来たれり。
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
三〇 小国村の何某という男、或る日早池峯に竹をりに行きしに、地竹のおびただしく茂りたる中に、大なる男一人寝ていたるを見たり。地竹にて編みたる三尺ばかりの草履ぎてあり。
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)