“じおんな”の漢字の書き方と例文
語句割合
地女100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
我武者羅に押一手で成功するは唯地女口説き落す時ばかり。黒人にかかつては佐野治郎左衛門のためしあり。迷はおそろし。
小説作法 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
地女を振りも返らぬ一盛。)そいつは金子を使ったでしょうが、こっちは素寒貧で志を女郎に立てて、投げられようが、振られようが、赭熊取組山童の勢いですから
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)