“しゞみじる”の漢字の書き方と例文
語句割合
蜆汁100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
是から二人で其の頃流行りました武藏屋と云うがありました、其の家は麦斗と云って麦飯に蜆汁で一猪口出来ます。
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
あそこのちり、こゝの蜆汁、といふ風によくつて歩いた私は大きな飲食店などにも飽き果てゝ、その薄汚い町中の洋食屋に我儘の言へる隠れ家を見つけて置いた。
(新字旧仮名) / 島崎藤村(著)