“しんりよう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
寝陵50.0%
新俚謡50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黄金甍にして寝陵は見ゆ枯山
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
久しく薗八一中節の如き古曲をのみ喜び聴いていたわたしは、褊狭なる自家の旧趣味を棄ててせながら時代の新俚謡に耳を傾けようと思ったのである。
十日の菊 (新字新仮名) / 永井荷風(著)