“しんやけ”の漢字の書き方と例文
語句割合
新焼100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
古焼新焼と相聯繋して、左右の濃い蒼翠の間を蜿蜒として爬行し、さながらそこに巨巌の行進曲を奏でているに見える。
雲仙岳 (新字新仮名) / 菊池幽芳(著)
六時前に朝の食事を済ませると、人夫を連れて、道案内に来てくれた町の助役さん、宿の主人さんと自動車で宿を出たのが六時。目的の新焼熔岩流を見るためである。
雲仙岳 (新字新仮名) / 菊池幽芳(著)