“しんぶんだね”の漢字の書き方と例文
語句割合
新聞種100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
A  それやしは薄氣味わるくなるだらうぢやないか。つた十八五千七百九十九年始状大隈邸びこまれてさへ新聞種になるんだもの。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)
おまちなさいよ——新聞種だ——