“しんどく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シンドク
語句割合
愼獨50.0%
身読50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
〔譯〕愼獨しんどく工夫くふうは、まさに身稠人ちうじん廣座くわうざの中に在るが如く一ぱんなるべし。應酬おうしうの工夫は、まさ間居かんきよ獨處どくしよの時の如く一般なるべし。
『何うもむづかしいもんだ、読むで理解するといふことも。香川景樹かがはかげきの歌集、あの一冊の桂園けいゑん、あれだけでも、本当に理解したといふ段になると、一生かゝつて何遍も何遍も身読しんどくして見なければ分らぬものだ』況んやすぐれた作品に於てをや。
小説新論 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)