“しんとうご”の漢字の書き方と例文
語句割合
新藤五100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いいやいや。れて刃みだれざるは上作なりと申す。およそ直刃に足なく、位よきは包永新藤五千手院粟田口——。」
寛永相合傘 (新字新仮名) / 林不忘(著)
云うな。ふうむ。小丸気味の地蔵帽子で、匂足が深くって……打掛疵が二つ在るのは珍らしい。よほど人を斬った刀だな。先ず新藤五の上作と行くかな……どうだい
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)