“しんちゅうなべ”の漢字の書き方と例文
語句割合
真鍮鍋100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小山の心の動きたるは妻君のこの上もなきびなり「そんなら貴郎真鍮鍋青銅鍋を廃して西洋鍋を買って下さいますか」小山「ウム買いましょう」妻君
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
の台所へって御覧なさい、古びた青銅鍋だの粗製琺瑯鍋だのあるいはの鍋だの真鍮鍋なんぞを使っていますが西洋は大概国法を以てあんな鍋の使用を厳禁しています。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)