“しんせかいこうきょうがく”の漢字の書き方と例文
語句割合
新世界交響楽100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新世界交響楽はいよいよはっきり地平線のはてからき、そのまっ黒な野原のなかを一人のインデアンが白い鳥の羽根を頭につけ、たくさんの石をにかざり
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
新世界交響楽だわ」こうのがひとりごとのようにこっちを見ながらそっといました。
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)