“しんくわい”の漢字の書き方と例文
語句割合
秦檜100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この劇は太虚及び龔芝麓賊に降り、後に清朝の兵入るを聞くや、急に逃れて杭州に至り、追兵の至るに驚いて、岳飛墓前、鉄鋳の秦檜夫人の跨下る、この鉄像の月事に値ひ
八宝飯 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
現に開国を説く人を憎む情の背後には、秦檜のやうな歴史上の人物を憎む情がんでゐたのである。鹿太は早く大きくなりたいと願ふと同時に、早く大きくなつて正義の人になりたいと願つた。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)