“しろらしゃ”の漢字の書き方と例文
語句割合
白羅紗100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黒革に白革の横筋を入れ、兜形の八幡座に、眉庇猩々緋、吹き返しは白羅紗縮緬の忍び緒をく結んでいた。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
耕雲斎は白羅紗の陣羽織を着け、一刀を帯び、草鞋をはいて甚七郎を迎えたという。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)