“しろぜ”の漢字の書き方と例文
語句割合
城攻100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
扇縄の水の手へ、首となって落ちてきた黒川八十松は、城攻めの最中に、の林につないであった竹童を切ったのだ。そしてかえって、鷲のためにいさかれて、非業な死をとげたのだ!
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
城攻めの一番乗りでもしたように、得意な色をみせてどなった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)