“しろあばた”の漢字の書き方と例文
語句割合
白痘痕100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
く見ると老婆の右側に並んでいるのも、耳輪をした壮い支那の婦人であった。壮い婦人の右側には白痘痕のある労働者のような支那人が立っていた。
港の妖婦 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
何でもが船へ乗り込む二三日前だった、おのところへ暇乞いに行ったら、お前のが恐ろしく景気つけてくれて、そら、白痘痕のある何とかいう清元の師匠が来るやら
深川女房 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)