“しりへで”の漢字の書き方と例文
語句割合
後手100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この鉤をその兄に給ふ時に、のりたまはむ状は、この鉤は、淤煩鉤須須鉤貧鉤宇流鉤といひて一五後手一六に賜へ。
ここに御佩十拳の劒を拔きて、後手きつつ逃げ來ませるを、なほ追ひて黄泉比良坂一八の坂本に到る時に、その坂本なる三つをとりて持ち撃ちたまひしかば、悉に逃げ返りき。