“しりだか”の漢字の書き方と例文
語句割合
尻高100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その橋の右のにも釣竿を持った男が立っていた。それは鼻の下に靴ばけのようなを生やした頬骨の出た男で、黒のモスの兵児帯尻高に締めていた。
蟇の血 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
小間使いを相手に、浪子は良人の洋服を脱がせ、琉球紬の綿入れ二枚重ねしをふわりと打ちきすれば、武男は無造作に白縮緬兵児帯尻高に引き結び、やおら安楽椅子りぬ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)