“しらきぼり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
白木彫50.0%
素木彫50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朱唇白衣白木彫の、み姿の、片扉金具の抜けて、から開いた廚子から拝されて、が捧げたか、花瓶の雪の卯の花が、そのまま、御袖いつつ、銑吉が参らせた蝋燭の灯に
神鷺之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
金、極彩色の、……は、そちらの素木彫の。……いや、何といたして、古人の名作。
夫人利生記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)