“しよげんじかう”の漢字の書き方と例文
語句割合
書言字考100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其后百八十年を歴て元禄十一年に槙嶋照武駒谷山人が作りたる(江戸の人)書言字考、一名合類節用集といふ板本あり、宗二が節用集を大成したる物にていろは引也。
宗二が文亀本の節用集にも塩引干鮭とならべいだせり。これらも伝写のあやまりにや。駒谷山人が書言字考には○石桂魚水豚して、に和名抄を引て本字はといへり。