“しょじゅう”の漢字の書き方と例文
語句割合
初重100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうですね、いつぞやも御天守の初重で、お宿直の方々が、その品さだめでいてしまったそうです。
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
塔はまだ、厳重にやらいを組んだまま、人の立ち入りをめてあった。でも、ものに拘泥することを教えられて居ぬ姫は、何時の間にか、塔の初重の欄干に、自分のよりかかって居るのに気がついた。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)