“しょこと”の漢字の書き方と例文
語句割合
詮事100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
永「そりゃまさか他人の女房を借りて置く訳にはかんが、仕事も出来る大黒の一人も置きたいが、他見が悪いから不自由は詮事がないよ」
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
一寸お前此処へ来な……お梅はん、お繼が逃げたからう是までじゃア、詮事がない、さアも最早命はない、お前も同罪じゃでなア、七兵衞さんはお前とを知って五十両金の無心
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)