“しょくおう”の漢字の書き方と例文
語句割合
蜀王100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
孝孺の学徳く高くして、太祖の第十一子蜀王椿、孝孺をして世子のとなし、尊ぶに殊礼てす。王の孝孺にうの書に、余一日見ざれば三秋の如き有りの語あり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
遜志斎集を執ってを読むに、蜀王所謂正学先生の精神面目奕々として儼存するを覚ゆ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)