“しょうぎせき”の漢字の書き方と例文
語句割合
床几席100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長安奉行床几席大股にあるいていって、あたりの家臣をあつめ、また徳川家の者がひかえているりへ使いを走らせた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
見物はそういう内情は知らない。ただ、床几席に奉行のすがたが見えたし、検証位置鐘巻一火がひかえたので
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)