“しゆんきんし”の漢字の書き方と例文
語句割合
春琴子100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先年俗にいふ大和めぐりしたるをり、半月あまり京にあそび、旧友の画家春琴子諸名家をたづねし時、鴻儒高き先生(名襄、字子成、山陽と号、通称頼徳太郎)へも
先年俗にいふ大和めぐりしたるをり、半月あまり京にあそび、旧友の画家春琴子諸名家をたづねし時、鴻儒高き先生(名襄、字子成、山陽と号、通称頼徳太郎)へも