“しゆやう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
腫瘍50.0%
首陽50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のやうな悪性腫瘍も、もう動物に移し植ゑることが出来て見れば、早晩予防の手掛りを見出すかも知れない。近くは梅毒が Salvarsan で直るやうになつた。
妄想 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
更に進んで「仄歩けれども。首陽に折るの怨なく。岩窓に梅遅けれども。て胡語を学ぶの悲みなし。」といふに至りては、伏姫の心既に平滑になりて、苦痛全く