“しゅつゆう”の漢字の書き方と例文
語句割合
出遊100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この時が、ちょうど、例のお万殿の出遊しゅつゆうのろいを怖れる者の出てあるいてはならないという九ツ半でありました。
大菩薩峠:22 白骨の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
祖父が将軍家の出遊しゅつゆうのおりの休憩所として、広々した庭を献納したことなどが、家の由緒に立派な光を添えていた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)