“しゅち”の漢字の書き方と例文
語句割合
朱治100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
誰かと驚いてみると、朱治しゅちあざな君理くんり、その以前、父孫堅の家臣のひとりだったという者である。
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「——これは闞沢かんたく呂範りょはん朱治しゅち諸葛瑾しょかつきんなどのともがらですが、折入って、提督にお目にかかりたい」
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)