“しゃにち”の漢字の書き方と例文
語句割合
社日100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
刀の大小を並べたり、賽の目や、太鼓や、田植え笠や、塔や、いろいろのものを画いて、庚申は何月何日、社日何時、彼岸は何日と判じて読ませるのです。
社日というのは旧二月の彼岸のうち、または最もそれに近いの日ということになっているから、やはりまたこの類にえてよかろうが、東京周辺から近国にかけてまたは京阪の方面にも
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
社日ざくらに十神やま
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
四四 社日の子
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)