“しぬむら”の漢字の書き方と例文
語句割合
篠村100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
後に時刻をかがなえば、まさにその頃、明智光秀の軍は篠村八幡を出て、老坂あたりへ来ていた時分であった。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
はや具足師柳斎の隠れも、住吉の店もあぶなくなりましたので、御領家の丹波篠村(しのむらとも)へ巣を変えておりますうち、宮中、叡山などのうごき、いよいよ
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この篠村八幡へは、かつて元弘の頃、足利高氏も、願文をめたことがある。高氏はこの駅路に来て旗を立て、勅命にこたえ奉るなりと声明して、一挙京都に入り、六波羅した。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すでに夕方篠村八幡を立つ折に一食はいてある。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)