“しつこい”の漢字の書き方と例文
語句割合
執拗100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(また——病人って、どうしてこんなに、執拗しつこいものなのかしら)
ロボットとベッドの重量 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
執拗しつこいようでは御座いましたが今一度念のために「ヘエー。そのようなものを誰が差し上げました」と尋ねますと、又も穴のあく程、私の顔を凝視みつめておられました若旦那様は、やがて又、ハッと正気づかれたように眼を丸くして
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)