“しっとり”の漢字の書き方と例文
語句割合
温雅100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二階は温雅しっとりした内におのずからさゞめいて居るので、さすがに貞之進は逡巡しりごみして引還そうとする時、あなたやと二階裏で高く呼んだ声が、小歌の声のように思われて立留ったが、よしや小歌であった所がよその座敷へ出て居る事
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)